レンタルサーバーとホスティングサービス

ホスティングサービスとは自社で準備したコンピューターをお客に使用させるサービスです。
レンタルサーバーとほぼ同義語として使用されています。
もちろん、サーバーに導入されているプログラムはサービス提供の業者が準備したものです。
ただ、最近のソフトウェア技術によって、あたかもユーザーだけの専用コンピューターが存在しているかのような動きをさせることができるようになりました。
これが仮想コンピューターです。
目の前にあるパソコンとネット上で比較しても区別できません。
インターネット回線を利用してサーバーにアクセスしますが、ユーザーが作成したプログラムがそのまま動作する仮想環境を作り上げているのです。
レンタルサーバーの比較をしていると、価格だけを見る傾向が強くなります。
しかし、サーバーでどのような作業をするかを明確にすることで、ホスティングサービスを利用した方がいいと考えられる場合もあるのです。
いずれにしてもレンタルサーバー業者との契約内容をしっかりと把握することが大切です。
自分でやる必要がないことは、すべて業者に任せることで、自社の業務を簡素化することが狙いです。
ハードやソフトのメンテナンスをすべて任せるのです。
レンタルサーバー業者は複数のユーザーを相手にしていますから、1台毎のメンテナンスをやっているわけではありません。
たくさんのサーバーを並べた場所を確保して、それらを常に監視しています。
レンタルサーバー業界が拡大しているのは、大規模なデータのやり取りが多くなってきたからでしょう。