レンタルサーバーの技術

インターネット上にはたくさんのサーバーがあります。
たいていはレンタルサーバーですが、世界中の人がアクセスするようになって、レンタルサーバーを安定稼働させるための技術も高度化してきました。
先進技術がサーバーを支えているのです。
昔と比較すればすぐにわかります。
昔のパソコンと現代のパソコンの違いと同じようにサーバーも全く違うのです。
もちろん、業者によって導入している技術は異なります。
できるだけ安価なシステムで安定稼働をさせたいと考えるからです。
レンタルサーバーの業者を比較すると、価格に大きな開きがあることがわかります。
その理由の一つが使用されている技術の違いです。
障害に強いと言われているのがクラスターテクノロジーです。
これは複数のサーバーで分散処理をすることによって、安定動作を実現するものです。
ハード的に複数になっていますから、万が一ハードに異常があっても、他のサーバーが代替してくれます。
ユーザーからは異常とはわからない仕組みです。
もちろん、冗長構成ですから、運営費用は高くなります。
ただ、信頼性を重要視するユーザーに対して提供されるサービスです。
技術のレベルは対象とするユーザーによって変更されるのです。

個人の趣味レベルのデータならば、冗長性を持たせる必要もないでしょう。
しかし、業務で使用しているサーバーはダウンが会社経営にまで影響を与えてしまうことになります。
そのようなサーバーには高い信頼性が求められます。